電子カルテの隙間を埋める

ベンダーにお願いしたらお金が掛かるので自分で作成しました

電子カルテシステム停止における紙伝票システムの利用

当院では年末にシステムの入れ替えを行います

基本、電子カルテは変わらずハードウェアの更新になります

システム停止(システム障害)時は通常紙伝票で運用することになっていますが、今どきのDrは紙伝票運用が分からない、書き方が分からないのでシステムで紙伝票を作成することにしました

 

システム停止(システム障害)の度合いにより、オンラインモードとオフラインモードの2種類のモードを用意します

オンラインモード:電子カルテシステム停止、ネットワーク利用可能
オフラインモード:基幹のネットワーク使用可能、エリア毎のPC、プリンタが利用可能の想定です

 

オフラインモードのとき、患者情報を一から入力しなくても済むように、外来予約患者、入院患者のCSVファイルを夜間処理で毎日作成します

運用開始時にこのCSVファイルをインポートする想定です

 

新規患者は、適当な患者番号を付番して仮登録します

 

オンラインモードのとき、当院では参照用カルテの起動が可能です。参照用カルテは記事登録、オーダ登録が出来ませんか、過去の診療録の参照が可能です

 

オンラインモードのとき、参照用電子カルテのアイコンメニューより「オーダ伝票作成支援」の起動が可能です

f:id:syskobo:20211011144845j:plain

オフラインモードではローカルのSQliteに診療録、看護記録、部門記録、処置伝票の内容を保存します

オンラインモードでは、DBサーバに診療録、看護記録、部門記録、処置伝票の内容を保存します

 

 

作成した伝票は印刷出力及びPDF形式で保存します

f:id:syskobo:20211011144855j:plain

オフラインモードではローカルフォルダに保存します

オンラインモードではローカルフォルダと共有フォルダの両方に保存します

 

検査オーダの紙伝票は検査項目をチェックする様になっているので簡単に記入できますが処方箋と注射箋は「薬剤名」を記載し、容量、用法、投与ルート、投与速度などの指示が必要になります

その為、プログラムで処方箋と注射箋を作成する様にしました

f:id:syskobo:20211011144904j:plain

f:id:syskobo:20211011144915j:plain

当院の電子カルテはパフォーマンスを考えて、ローカルDB(Access MDB)にマスタデータをダウンロードする様になっていますので、薬剤名の取得はこのローカルDB(Access MDB)より取得する様にします

 

その他、検体検査、放射線検査、生理検査、病理検査などはEXCELを利用しています

 

本格運用時は、コストの削減(複写用紙の発注中止)などに繋がれば良いと思っています