電子カルテの隙間を埋める

ベンダーにお願いしたらお金が掛かるので自分で作成しました

ベンダーにお願いしたらお金が掛かるので自作し運用しています

「かゆいところに手が届かない」


パッケージシステムは汎用性を求めている為、やりたい事が出来ない場合があります

思うようなシステムを開発するには莫大な費用がかかります

ですのでパッケージシステムを導入するのがほとんどです

しかし別途機能追加など依頼すると追加費用が掛かってしまいます

 

クライアント/サーバーシステムではサーバーのデータベースにデータを保持しますのでこのデータベースを参照することが可能です

 

データの2次利用を簡単に行えることが出来たら・・・

 

 

私は病院内システムエンジニアの為、電子カルテの隙間を埋めていますが、介護支援ソフト、生産管理ソフトなどにも応用可能です

 

https://mplat.jp/media/detail/3

人間ドック報告書(脳ドック報告書)の作成

電子カルテ、健診システムの両方導入している病院のとき、使い分けはどの様にしているのでしょうか?

 

      電子カルテ    健診システム

患者管理    〇        ×

予約管理    〇        ×

検査オーダー  〇        ×

報告書作成   ×        〇

会計      〇        × 

 

当院では費用対効果が見込まれないため、健診システムは導入していません

患者管理、予約管理、検査オーダー、会計は電子カルテ、医事会計システムで外来患者と同様に処理しています

報告書は電子カルテの文書管理で作成しています

これが結構大変と思われましたので、ドック報告書作成のシステムを構築しました

 

1)ドックデータ(患者番号+ドック受信日)の基本データを作成します

 ドック予約患者一覧より、患者番号+受信日をパラメータとして作成します

 

 患者基本情報は医事会計システム、電子カルテシステムから取得します

 

 取得情報はSQLにて取得し、自由に設定可能です

 

 

2)報告内容の入力(検査部門毎の入力)

 通常起動すると人間ドック、脳ドックのどちらの報告書を作成するかの選択画面を表示します (直接、人間ドック、脳ドックの入力画面を表示することも可能です)

 

 患者基本登録が済んでいる患者一覧が表示されますので、報告書を作成する患者を選択します

 

 各検査項目ごとのアイコンメニューがありますので、そこから各部門毎の報告内容を入力します

 ・入力画面を分けることで、同じ患者を同時に利用することが出来ます

 ・更新履歴を画面毎に保持します

 ・患者選択から患者の切り替えができます

 

 血液(検体)検査結果は電子カルテシステムから取得します

 検査基準値がドック学会と当院で異なるため、どちらでも出力できるようにしました

 

 ・現行は既存の報告書に合わせた画面構成ですが、マスタ設定で変更可能な項目がほとんどですので容易にカスタマイズできます

 

3)報告書の出力

 エクセルテンプレートを利用し報告書をPDF出力、EXCEL出力をします

 出力したPDFは電子カルテ送信する予定です

 (現行はPDFファイル読み込みでカルテ保存)

 

 

あとは、院内の委員会を通して採用されるかはこれからです

 

看護必要度集計(1つの電子カルテを複数病院で利用している場合)

当院の電子カルテはグループ病院(6施設)で利用しています

各施設は独立採算制で運用しています

そのうち、入院病棟がある施設は3施設ですが、ベンダーの看護必要度集計処理ではそのような利用を考慮していないため仕掛けが必要でした

 

通常の手順としては以下になります

EFファイル、Hファイルを取込み

    ↓

EFファイル、Hファイルから集計データを作成

    ↓

集計データから必要度集計を行う

 

しかし、会計の修正、評価の修正で何回か上記作業を行うことになります

その時、取込んだデータを削除して取込みなおすのですが、ベンダー提供のツールでは全てのデータの削除しかできず、他施設のデータも削除することになってました

A病院取込済み → A病院の再取り込み (全ての取込済みデータを削除)

B病院取込済み

C病院取込済み

A病院の再取り込みを行う際、B病院、C病院の取込済みデータを削除することになります

また、削除しても集計データがあるのではと思うかもしれませんが、集計データは施設単位に作成できないため、結局、B病院、C病院の集計データも消えてしまい必要度集計が参照できなくなってしまいます

 

幸いにも取込済みデータの有無確認は同施設コードのデータの有無を判断しているので、同施設コードのデータのみ事前に削除すれば再取り込みが可能でした

 

同施設のデータがテーブル上にあるか否か表示するようにし、再取り込みを行う際に、同施設のデータのみ削除する様にしました

これにより、他施設のデータを消すことなく、看護必要度集計が出来るようになりました

7月の比較(看護必要度Ⅱ集計2022)

ベンダーの集計した看護必要度Ⅱ(DPCデータ)とMedicalUseで集計した看護必要度Ⅱ(医事明細データ)を比較してみました

 

〇:クリア、_:未クリア、+:データあり、 :データなし

 

ベンダーの評価

・注射薬剤3種類以上使用しているのに評価されない

MedicalUseの評価

・入院日の死亡退院の判断が漏れていたので修正

・入院日当日の救急医療管理加算の入力がなされていないため

・入院当日のHファイルなしのため救急搬送後の入院を評価していない

 

結果:0.0ポイント差

ベンダー  対象患者:8685 クリア患者:2403

MedicalUse 対象患者:8698 クリア患者:2401

6月の比較(看護必要度Ⅱ集計2022)

ベンダーの集計した看護必要度Ⅱ(DPCデータ)とMedicalUseで集計した看護必要度Ⅱ(医事明細データ)を比較してみました

 

〇:クリア、_:未クリア、+:データあり、 :データなし

 

ベンダーの評価

・救急病棟後に一般病棟に転倒したときの「救急搬送後の入院」を評価している

・退院時処方を評価している

 

教訓:「ベンダー提供の看護必要度集計ツールを100%信じてはいけません」

 

結果:0.2ポイント差

ベンダー  対象患者:8878 クリア患者:2618

MedicalUse 対象患者:8879 クリア患者:2598

看護キャリア管理

直接電子カルテとは関係ないと思うのですが、同じ医療系ですので...

 

10年くらい前から院内開発の看護キャリア管理を使用しています

 

管理内容は

・基本情報(勤務開始日、住所、所属、学歴、経歴、職歴、勤務歴など)

・学会、研修会への参加

・年度ごとの目標、目標評価

・看護研修の要望

・情意評価

・ラダーレベル評価

・マネージメントラダー評価

 

目標登録

 

ラダーレベル評価


看護勤務システムでもキャリア管理出来るのですが、基本情報しか管理出来ないのでいまだにこちらを使っています

 

 

未収金管理 機能

未収金管理 機能概要

 

①未収がある患者の検索

特徴1

◆医事会計システム(MegaOakIBARSⅡ、MegaOakIBARSⅢ)の未収情報を直接参照

・医事システムとの高い親和性

・現時点での未収患者情報がリアルタイムで検索可能!

・二重管理不要で回収漏れの心配なし

・色々な検索が可能 → 抽出条件は自由に設定可能

 (未収金がある患者、本日入金ありの未収患者、債券区分が集金の患者等)

  

・検索内容はEXCEL,CSVへのエクスポートが可能! 

 

②未収集計

特徴1

医療機関の総未収額がひと目でわかる

・未収回収意識の向上

  

 入院、外来毎の合計金額、患者数、請求件数と年度毎のクロス集計表示

 

 

③督促の状況を履歴管理

特徴1

◆未収督促履歴管理機能

・過去の督促対応履歴が参照可能!

・督促コメントの流用(過去の類似コメントを呼び出し)

    

・患者毎の未収明細と督促状況を一画面で表示

  

・未収管理簿の作成

  

 

特徴2

◆未収金患者家族の名寄せ機能(家族に対して支払いを促す)

・未収金患者と同じ電話番号を持つ患者の一覧表示

・直近の診察予約日から来院予定を確認(家族の来院予定を含む)

    

 

特徴3

◆督促状発行機能

・督促段階(未収の請求、督促状、催告・法的処置)ごとの督促状発行で、極め細やかな対応が可能

・督促状のレイアウトを医療機関様で簡単に編集可能!

      

 

  

 

・振込用紙の発行も可能

  

 

④更に運用効率を上げるには

特徴1

◆マスターメンテナンスフリー

・医事システムを直接参照するため、未収金管理にマスターは不要 

・システム連携

 インターネット利用可能な場合、患者住所をGoogle マップで表示

 

サンプル版の提供を始めました。詳しくは以下よりお願いします

 

導入のご相談は下記からお願いいたします

www.facebook.com

http://syskobo.html.xdomain.jp/pamphlet_misyu.pdf

 

coconala.com